【美肌を目指す女性必見!】愛され肌を作るための自宅で簡単!年齢別スキンケア法

未分類

愛され美容研究家・ゆうこです。

女性であれば何歳になっても「美肌作り」のために日々努力を重ねたいもの。

女性であれば、何歳になっても”ぷるんとした美肌”でいたいですよね?


私自身も美肌になるための美容法を色々研究していますが、そもそも「どんな肌が美肌なの?」と思いながら試行錯誤していたんです。

それで色々な美容法を研究して行き着いた結果..

ゆうこ流の「美肌」とは、


★「ナチュラルな明るさと艶やかな透明感のあるお肌」

のことを言います。

艶やかな透明感はとてもまぶしく「愛おしさ」さえ感じさせてくれるので、私は「愛され肌」と呼んでいます。


この「愛され肌」はあなたの自信、魅力を最大限に引き出すための秘密の鍵とも言えるでしょう。


「愛され肌」?!~無理無理~と思った方!


実は、今回の記事

「誰でも自宅でできる簡単な年齢別スキンケア法」

を実践することで(色々試して研究を積み重ねた結果のルーティンです)、何歳からでも「愛され肌」を作ることができますよ。

 ●年齢と共にお肌が弱くなってきた
●手応えのあるスキンケアがしたい
●敏感肌でもエイジングケアはしっかりしたい
●1年を通して安定したお肌を手に入れたい
●今使ってる化粧品は気に入ってる。でもお肌の悩みはまだ残ってる

という悩みを持つ女性の方は特に必見です!

では早速これから「愛され肌」になるための年齢別スキンケア法を紹介していきます。

誰でも自宅で簡単にできるスキンケア法ですので、ぜひ参考になさってみてくださいね。

年齢別の肌特徴とスキンケア法

年齢と共に肌の水分量・皮脂分泌量は変化するもの。

そのためにもまずは、自分の年齢に合わせたスキンケア法を知ることが 「愛され肌」を作るための基本です。

数年後のお肌の特徴もしっかりチェックして、早め早めにエイジングケア(年齢に応じたケア)をするようにしましょう!

30代のお肌と大切なスキンケア法

30代は、肌の曲がり角がとうとう本格的にスタートする年代です。

―肌状態―

30代に入ると、水分・皮脂量に加えて

・女性らしさを作るホルモンのエストロゲン

・ハリをつくるコラーゲン

・弾力の元になるエラスチン

がゆるやかに減少しはじめます。

その結果、ハリ不足や小さなシミが気になってくる…などお肌の悩みも出てきやすくなります。

また、ターンオーバーの遅れや、筋肉量の低下などが気になってくる人も!

乾燥悩みだけでなく、肌のハリを支える成分の低下で、加齢によるお悩みのサインが見えてくるのがまさにこの時期です!

―必須なスキンケアは保湿!―

肌本来の力だけで、乾燥や肌トラブルを改善するのは難しくなってくる年齢ですが、スキンケアで初期のエイジングサインは改善できます。

そこで30代のスキンケアに必須なのが保湿アイテム!

●高保湿な基礎化粧品への切り替え

●今使っているスキンケアステップに保湿クリームを追加する

●定期的にシートパックで集中保湿ケア

など、たっぷり水分を補給することをスキンケアに取り入れましょう。

また、保湿クリームや保湿効果の高い乳液で、きちんとフタをして補った水分が外に逃げないようにしてあげることが大切です。

40代のお肌と大切なスキンケア法

40代はさらに水分や皮脂量が少なく、季節を問わずカサついた肌になりやすいです。

―肌状態―

40代に入ると、水分・皮脂量の低下による乾燥の悩みに加えて、女性ホルモンが減ってきます。

その影響でエストロゲン・コラーゲン・エラスチンなどが急激に減り、美肌を守る成分もガクッと減少します。

また、筋力の低下も本格的にはじまるため、シミ&シワ&たるみの注意報が発令する年齢です。

―成分重視&予防ケアがスキンケアのポイント―

肌をすこやかに保つ能力が減ってしまっている40代は、栄養補給することがスキンケアのカギになってきます。

成分重視のスキンケアアイテム選びで本格的なエイジングケアをするようにしましょう。

例えば⇊

ナールスゲン…今超話題の有効成分で、お肌の中にコラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸を増やすことが可能な成分。

CICA(シカ)…修復作用の高い成分

プラセンタ…炎症抑制、細胞修復作用。

他、ナイアシンアミド、ビタミンなど、それぞれトラブルに対応する成分入りのスキンケアアイテムで、肌に栄養を補給することが大切です。

また、日中のカサつきをケアするために日中にも塗れる美容液や、メイク用品にも保湿成分配合されているもの、メイクの上から使えるミストを取り入れるのもひとつの手です!

50代のお肌と大切なスキンケア法

50代は、水分・皮脂量の低下や、エストロゲンやコラーゲン、筋肉量などの低下に加え、さらなる変化が伴います。

―肌状態―

水分や皮脂量不足による肌のバリア機能の低下や、エストロゲンやコラーゲン減少によるハリ不足に加えて、身体の内側からたるみや弾力不足、シワなどが目立ってきちゃう年齢です。

実はこれらの要因は、身体全体の土台となる“骨密度” が低下することにあります。

「骨密度?!」と、一見お肌とは関係がないように聞こえますが、身体全体のベースとなっている骨は、お肌のハリや弾力もサポートしているんです。

なので身体の内側からたるみや弾力不足、シワなどが目立ってきちゃうのが50代なのです。

―スキンケアで大切なのは機能重視&インナーケア―

50代以降になると、骨密度の低下や筋力の低下を防ぐために、インナーケア(内面美容)として内側から栄養をプラスするのがおすすめです。

お肌や身体のもととなるタンパク質を、積極的に摂取しましょう。

またスキンケア法では、

・アイテムをたっぷり使う

・質にもこだわる

ことが重要です。

特に気になっている肌トラブルに特化したアイテムを駆使して、よりしっかりとエイジングケアに力を入れるといいでしょう。

また、50代以降のお肌は敏感な肌になりがちなので刺激はNG!

・クレンジングはミルクやクリームタイプに変える(必要な油分を落としすぎないため)

・洗顔はキメ細かな泡で、摩擦が生じないように丁寧にする

などスキンケアのやり方を見直すのもポイントです。

とはいえ、これまでご紹介した肌の特徴とスキンケア法はあくまで一般的な話。

「愛され肌」を手にいれるためには、自分の肌質を知り、適切な方法でケアすることが重要です。

自分の肌質を知る

いくら高価なスキンケア商品や成分にこだわったエイジングケア商品を使っていても、

・自分の肌質に合っていない

・正しい使い方ができていない

となると、なかなか効果が発揮しにくいもの。

スキンケアアイテムの力が最大限に発揮できるように、自分のお肌と向き合いましょう。

では早速、自分がどの肌質かを把握するために、自宅で簡単にできる肌診断法をお伝えしますね。

―――自宅で簡単!肌診断のやり方―――
●準備物●
拭き取りタオル
あぶらとり紙

❶洗顔後にタオルで顔をふき、10分間(春~夏なら10分、秋~冬は5分程度)放置。

❷何もせずに待ちます。

❸10分後、鏡でお肌状態に変化がないかを確認し、さらにTゾーンと頬をそれぞれ10秒間油取り紙で押し当て、脂のつき具合を確認してください。

この結果で自分のお肌がどのタイプか判断します。

お肌のタイプは大きく分けて下記の4つです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

普通肌
10分以内にお肌のつっぱりを感じず、目元の小ジワが気にならない。
また、油取り紙に油はつかない。

乾燥肌
つっぱりを感じ、目元の小ジワが気になる。
また、油取り紙に油はつかない。

脂性肌
つっぱりを感じず、目元の小ジワは気にならない。
また、Tゾーンと頬ともに油がつく。

混合肌
目元や口元、頬など特定の部位だけにカサツキやつっぱりを感じ、目元の小ジワは少し気になる。
また、Tゾーンのみ油がつく。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

このように、手軽にできる方法なので一度試してみて下さいね。

また、


・自分のお肌をいつも客観視
・お肌がどう変わるかチェック


するために、新しいスキンケア商品を初めて使用するときにはお肌の状態やお顔全体の使用前を写真に収めておくといいでしょう。

日数が経過して製品が合ってるか合っていないかの判断をすることができますよ。

4つの肌質とそれぞれのスキンケア注意点

自分の肌質が見極めることが出来たら、4つの肌質とそれぞれの肌質におけるスキンケアの注意点を知っておくと、

・お肌のトラブル改善が早くなる

・老化防止がより強化される

などの相乗効果も得られておススメです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


●4つの肌質とスキンケアの注意点●


【普通肌】

水分が多く、油分が適度なタイプ。

お肌の状態がいつも安定していて、トラブルを起こしにくい。

―注意点―

お肌の状態がいつも安定していれば、新しいスキンケア化粧品や集中ケアなどを試すのも◎です。

ただし、安定してるからと言って油断は禁物!

毎日きちんと洗顔、保湿のスキンケアは徹底するようにしましょう。


【乾燥肌】

水分・油分が共に少なく、全体的にカサつきやすいお肌の状態。

―注意点―

高保湿タイプの化粧水、しっとりとしたクリーム等で水分と油分の両方をバランスよく補ってあげるお手入れをしましょう。

特に刺激になりやすいスキンケアには要注意です。

なお、乾燥肌が進んでしまい、バリア機能(天然保湿)が低下すると乾燥性敏感肌になってしまいます。

また遺伝的な要因やアレルギーが原因で著しくバリア機能(天然保湿)が低下している敏感肌の方も稀にいます。

この場合は乾燥肌として判断し、通常の乾燥肌よりさらに優しくスキンケアを行うようにしましょう。


【脂性肌】

水分・油分が共に多く、全体的にベタつきやすい状態。


―注意点―

水分が多いことは良いことですが、過剰な油分は毛穴やニキビなどの肌トラブルの原因になることも。

丁寧な洗顔と引き締め効果のあるスキンケアで余分な皮脂を抑えるケアをしましょう。

そしてベタつきが気になる場合も化粧水や乳液を省くのはNG。

なお、肌表面はベタついていても、肌の内側の水分が不足している状態は、乾燥性脂性肌(インナードライ肌)です。

この場合は、乾燥肌のケアを行うといいです!

【混合肌】

水分が少なく、油分が多いタイプ。

頬やあごなどのUゾーンはカサツキを感じる一方、Tゾーンやあごなど部分的にベタつきを感じる。

―注意点―

混合肌は水分不足になりがちなので、保湿力の高い化粧水でしっかり水分補給を。

乳液やクリームの使用量は部位によって調整するのがおすすめです。

まとめ

今回の記事

【美肌を目指す女性必見!】愛され肌を作るための自宅で簡単!年齢別スキンケア法 

いかがでしょうか。

 「愛され肌」になるためには、自分に合った適切なスキンケアが大切で、そのためには、 

➀年齢別の肌特徴とスキンケア法を知る

②簡単肌診断で自分の肌質を知る

③4つの肌質とそれぞれのスキンケア注意点を知る

ことがポイントです。

年齢を重ねれば重ねるほど、「老化」というネガティブ要素にやられて「愛され肌」になることを諦めがちですが、年齢別に「適切なスキンケア」を行うことで、


何歳からでも
誰でも
どこでも

愛される肌に近づき、叶えることが出来るのです。

なので、将来を見据えながら、有効成分をお肌に浸透させてケアするといくつになっても「愛され肌」でい続けることができますよ。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

美容や恋愛に関する無料相談会を開催中です。

悩み事やご質問がありましたら、相談無料なのでお気軽にメールして下さいね。

ゆうこに無料で相談してみる

無料相談ではあなたにピッタリの【美容法】や【恋愛がうまくいく秘訣】をアドバイス致しますのでお任せ下さい!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

愛され美容研究家・ゆうこ

コメント

タイトルとURLをコピーしました